「巣鴨の商品をおうちへ」50歳以上限定アプリ『おしるこ』が巣鴨地蔵通り商店街店舗と提携

2021.01.05

「巣鴨の商品をおうちへ」50歳以上限定アプリ『おしるこ』が巣鴨地蔵通り商店街店舗と提携

 「50代を迎えたからこそワクワクしよう!」をテーマに、シニア専用コミュニケーションアプリ”おしるこ”を運営しているカイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:後藤 崇 以下、カイト)が、東京都豊島区にある巣鴨地蔵通り商店街を中心とする店舗と提携し、巣鴨地域店舗の商品が購入できるECサイト「すがものみせ with おしるこ」の運用を開始致します。

「巣鴨」といえばシニア世代で賑わっているホットな定番スポット。しかし昨今のコロナ禍が影響し「人通りは例年に比べると6割ほどに減った」とのこと。毎年行われている模擬店のお祭りも、今年は感染を防ぐため止む無く中止となり、新しく始めようとしたデリバリーサービスも、手数料が想像以上で導入している店舗は少なく、商店街店舗ではますます頭を抱えているのが現状です。 そこでカイトは「出かける機会が減ったシニアと店舗を繋げる」為に巣鴨地蔵通り商店街の店舗様(和菓子店や飲食店、衣料雑貨店など)を中心に声をかけ、「すがものみせ with おしるこ」(ECサイト)を開設する事で、今回の提携に至りました。「すがものみせ with おしるこ」を通じて巣鴨地域の店舗商品と巣鴨のブランドを日本全国へ届けます。さらに、店舗の方々におしるこ内コンテンツにも参画いただくことで、3万人いるおしるこ会員への訴求が可能となり、「50歳以上のおしるこ会員様と商店街の店舗様を繋ぐことが出来る」提携となる事を期待します。

【巣鴨地蔵通り商店街】
https://sugamo.or.jp/

【すがものみせ with おしるこ】
サービス開始時期:1月上旬
サイトURL:https://sugamonomise.stores.jp

「クラウドで繋がる地域活性化」
商店街の客足減少はコロナ以前から、人口の減少や都市集中化が影響し問題として上がっています。昨今のコロナ拡大により、縮小する商店街、倒産する店舗は少なくありません。政府(経済産業省)も、この対策としてGoTo商店街事業を打ち出し、密を避けつつ商店街に人を呼び込める施策を推進していますが、対象となる商店街もまだ少なく、期待する効果を出せていないように思われます。今回、商店街(巣鴨)とおしるこの提携によって開設された、「すがものみせ with おしるこ」(ECサイト)は、実際に外出したくてもできない方々に、巣鴨の商品を知っていただき、商店街への集客に繋がる第一歩だと考えております。また、「すがものみせ with おしるこ」(ECサイト)参画店舗は、おしるこ内「おしるこセレクション」にも商品を同時掲載できるため、おしるこ会員へのPRが可能となります。おしるこ会員はポイントを利用し商品を購入することができる為、おしるこを楽しむ間に貯まったポイントで商店街の商品をお家で楽しめる!そしてコロナが収束した際には実際にその商店街に足を運んでみる、、、、そんな未来を目指しております。今回の巣鴨商店街との提携をきっかけに全国の商店街へ提携提案しつつ地域活性化に貢献して参ります。
おしることの提携に興味のある全国の商店街さま、ならびに企業さまはinfo@oshiruco.comまでご連絡ください。

PAGE TOP