[ 盲点 ] 足でジャンケン、できる?できない人は要注意!!

[ 盲点 ] 足でジャンケン、できる?できない人は要注意!!
2022.09.20

[ 盲点 ] 足でジャンケン、できる?できない人は要注意!!

最近、歩くのがつらい――若い頃のように自分の足で旅行を楽しみたい

昔から旅行が趣味だった私。若い頃は、バックパックひとつ背負って、世界中あちこちを自分の足で歩いたものだ。

特に目的地も決めず、現地の人たちとの交流を楽しみながら、気の向くままに今日は東へ明日は西へと旅をする。

そんな旅を続けていると、ガイドブックには載っていない綺麗な景色や、思いも寄らなかった美味しい食べ物に偶然出逢うこともあった。

しかし、コロナ禍となり海外への渡航が難しくなって、すっかりそんな旅も楽しめなくなってしまった。

在宅ワークの導入で、家の中に引きこもる日々も増えた。いつの間にか足の筋力も落ちてしまったのではないかと感じる。

そして、そうこうしているうちに、50歳の誕生日も迎えた。

こんなふうに歩かない生活を続けていると、どんどん不健康になってしまうのではないか。

最近は、行動制限が緩和されてきたので、また以前のように海外旅行も楽しみたいと考えている。まだ訪れたことのない憧れの北欧へ行ってみたいのだ。

次の旅行のためにも、まずは地元の観光地を歩いて、旅行の感覚や体力を取り戻すようにしよう。

少しずつでもいい。まずは歩く習慣を取り戻したいと考え、家から近い観光地へ向かったのだった。

港の景色や、レトロな雰囲気の漂うレンガ造りの町並みを楽しみながら、地元の観光スポットを巡ろう。できれば、博物館や美術館も回りたい。

そう意気込んで出掛けたものの……、駅から5分ほど歩いただけで、もう足が痛くなってしまった。

バックパッカー時代は、一日に何kmも自分の足で歩いたというのに何とも情けない。

最近は、ほぼ一日中座りっぱなしだったせいだろう。

歩かない毎日で、すっかり足の筋力が衰えてしまったのを感じながら、仕方なくカフェに入って休憩することにした。

不本意だが、この後は路線バスを使って観光地を巡ることにしようか。

そう考え、スマートフォンでルートを検索しているうち、別の悩みが気になってきた。

それは、冷えだ。

今は夏だというのに、カフェの中の冷房がきつくて、足先が痺れるように冷たくなってくる。

最近は、会社にいてもそうなのだ。

冬はもちろん、夏も、冷房の効きすぎで寒いと感じることが多い。特に足元の冷えがつらいのだ。

会社ではパンプスを履いているため、厚手の靴下を履くことはできない。

仕方なく、膝掛けでやり過ごしているのだった。

こんなことでは、寒い所へ旅行に出掛けるのは無理かもしれない。冬の北欧に行ってオーロラを見るのが夢なのに……、と思わず溜息を吐いた。

遠赤指圧半ソックス――ビサの入った粒が足のツボを自然に刺激、遠赤外線の力で足を温める

と、その時、カフェのドアが開いた。見覚えのある人物が店内へと入って来る。

あれは……、お向かいに住んでいる山田さんではないか?

「山田さん?」

声を掛けると、

「あら、田中さん。こんにちは」

と、山田さんが笑顔を浮かべて近づいて来た。

「偶然ね。ご一緒してもいい?」

「もちろんよ。どうぞ」

山田さんは、両手にたくさんの紙袋を提げている。

どれも、ここから徒歩10分以上の場所にあるショッピングモールに入っているお店の紙袋だ。

「今日は買い物?」

「そうなのよ」

「え、でもそのショップって……ここから結構、距離があるところじゃない? 今日は車で来ているの?」

「まさか。これぐらいの距離、車を使うまでもないでしょ? 歩いてほんの15分ぐらいよ。ここまで景色を楽しみながら歩いて来たの」

山田さんは、笑顔で答える。

彼女は、私が楽しみたいと思っていた理想の休日を過ごしているようだ。確か、同年代だと聞いていたのに。

「うらやましいわ。随分、健脚なのね。私も若い頃は足に自信があったんだけど、最近すっかり歩けなくなってしまって……。自分が情けなくてちょっと落ち込んでいたところなの。休もうと思ってカフェに入ったら、冷房で足が冷え切ってしまうし……。もう年だから仕方がないのかしら」

「実はね、私もちょっと前までは歩くのがつらかったのよ」

「え? だって、ここまで元気に歩いて来たんでしょう?」

「秘密はこれなの」

そう言って、山田さんは靴と靴下を脱いで見せた。

「これは『遠赤指圧半ソックス』という商品なの。これを履くと、足の指が楽に開くのよ。おかげで、歩くのも楽になるわ。足裏のツボもほどよく刺激してくれるし、ビサの遠赤外線の力で足をじんわりと温めてくれるのよ」

「ビサ……? 聞いたことがない言葉だけれど、それは何?」

ビサとは遠赤外線を放射する微細な砂のこと。

「ビサというのは、特定波長域遠赤外線(※)を放射する微細な砂のことよ。人間の身体の波長と共鳴して、めぐりを促進してくれるそうなの。見て、この内側の凸凹」

(※)特定波長域遠赤外線
ビサが放射する遠赤外線は8.0〜14.0μ m(ミクロン)の波長域を持ち、放射率は90%以上です。これは、ビサを36°Cに温めた状態での測定結果です。この波長域は人体の奥深くまで届くことから「特定波長域遠赤外線」と呼ばれています。

そう言って、山田さんは「遠赤指圧半ソックス」を裏返して見せてくれた。

遠赤指圧半ソックスの内側にある約2mmの粒が足の裏にあるツボをほどよく刺激する。

「この凸凹にはビサが含まれているの。約2mmの小さな粒が足裏のツボをほどよく刺激しながら、遠赤外線で温めてくれる作用が期待できるのよ。自然に足指がパッと開く設計になっているから、私は履いているだけで随分と足が楽になったわ。おかげで、ウォーキングを毎日続けられるようになって、そうしたら筋力も戻って若い頃のように歩けるようになったのよ」

「まさか、そんなことぐらいで?」

「これを着けると、足でじゃんけんができるぐらい足の指を開いてくれるの。ほら」

半信半疑で首を傾げていた私に、山田さんは指を自在に動かして見せる。

自然に足指が開く設計だから、足指じゃんけんもできる。これはグー。

これはチョキ。

 

これはパー。

「信じられないなら、まずは冷えの改善を体感してみて。私、替えを持ち歩いているから。これ、新品だから、もしよかったらあげるわよ」

「どうもありがとう」

さっそく履いてみようとしたところで、山田さんが言う。

「あ、つける前に、まず今の状態で足の指を開けるかどうかやってみて」

挑戦してみるが、なかなか難しい。

先ほどの山田さんのように自在に足の指を開くことはできない。

「あなたのように、足でじゃんけんなんてとてもじゃないけど無理だわ。毎日、パンプスを履いていたから、いつの間にか足の指と指がくっついてしまったのね」

「だから、足の指でしっかり地面を掴むような歩き方ができないのかもしれないわね。じゃあ、今度は『遠赤指圧半ソックス』をつけてやってみて」

「わかったわ」

「今度はどう?」

「え? 不思議……。これをつけると足の指が自然と開くわ」

履くと、自然に足の指が開いた。

「立ってみて。ツボを刺激してくれるから気持ちいいわよ」

「本当だわ……。凸凹していて痛いのかと思ったけど、そんなことはなくて、ほどよい刺激なのね」

「足にはたくさんのツボがあるし、第二の心臓とも言われている大事なところなのよ。これなら、自分で足裏をマッサージしなくても、履いているだけで自然にツボを押してくれるから気持ちいいでしょう?」

「そうね」

そんなことを話しているうちに10分ほど経っていた。

先ほどまであれだけ冷えていた足先がじんわりと温まってきている。

「え……ちょっと待って、まだ10分しか経っていないのに。もう温かくなってきたわ」

「いいでしょう? 会社で冷えが気になるなら、パンプスの中にも履いてみたら? これなら、半ソックス仕様だから、重ね履きもしやすいわよ。それに、寒い日の夜、寝る時に履くのもおすすめ。さあ、歩いてみて」

「あれ? なんだか、さっきより歩くのが楽になった気がする……」

「足指がちゃんと開いて動くようになったからじゃないかしら」

「これなら歩けそう……少しずつ歩いて筋力を取り戻すわね。私もあなたみたいに、毎日、ウォーキングを頑張ってみるわ」

自然に足指が開く設計で歩行をサポートしてくれる遠赤指圧半ソックスは重ね履きもしやすい

「遠赤指圧半ソックス」の使用感が気に入った私は、自分でも購入して、毎日ウォーキングに励むようになった。

もちろん、会社にも履いて行っている。

半ソックス仕様で重ね履きも楽だから、毎日使いやすい。

――そして、1ヶ月が経った。

毎日のウォーキングの成果で、少しずつ歩行できる距離も長くなってきた。

おかげで、この前よりも遠出が楽しめるようになった。電車で30分ほどの場所にある古都を訪れ、神社仏閣や史跡巡りを楽しんだ私は、お土産を片手にお向かいの山田さんの家の呼び鈴を鳴らす。

「こんにちは。この前はどうもありがとう。今日はこの前のお礼にお土産を持ってきたのよ。山田さんのおかげでちょっとずつ遠出も楽しめるようになってきたわ」

「それはよかったわね」

「会社でもパンプスの中に毎日履いているのよ。洗濯機で簡単に洗えるのがいいわよね。最近は、随分と冷えが改善されたわ。ツボの刺激が気持ちよくて、めぐりがよくなったみたい。またこんなふうに自分の足で歩けるようになるなんて夢みたいだわ」

「力になれたみたいで嬉しいわ。確かに、この前会った時より、顔色も良くなったように見えるわね」

「これなら若い頃みたいに、自分の足で歩いて旅行が楽しめそう。実は私、いつか北欧にオーロラを見に行くのが夢なの。寒い地域への旅行は、冷え症の私にはもう無理かと諦めていたんだけど、『遠赤指圧半ソックス』があれば楽しめそう。まずは今年の冬、国内で寒い地方への旅行を楽しもうと思ってるわ。また、お土産を楽しみにしていてね」

「思い出話も楽しみにしているわね、もしかすると素敵な男性との出逢いもあるかもしれないしね」

「ふふ、そうだといいわね」

年だからもう無理と諦めていた夢も、手放す必要はないのかもしれない。

これからも、若い頃と同じように好きなことを楽しもう。

そう思うと自然と笑顔が浮かんだ。

※この物語は使用した方々の感想を元に作成したフィクションであり、作中の登場人物や団体名はすべて架空のものです。また、効果の感じ方には個人差がございます。

遠赤指圧半ソックス

           
[ 衝撃 ]え、目から鱗!!コレでマッサージ代が浮くなんて…!

[ 衝撃 ]え、目から鱗!!コレでマッサージ代が浮くなんて…!

[ 願い ]愛犬といつまでも元気に散歩したい。叶えてくれたのはワンダーパワーG

[ 願い ]愛犬といつまでも元気に散歩したい。叶えてくれたのはワンダーパワーG

[ 盲点 ] 足でジャンケン、できる?できない人は要注意!!

[ 盲点 ] 足でジャンケン、できる?できない人は要注意!!

[ゴーーール!!⚽️] 両手を上げてガッツポーズ!してももう、怖くない!

[ゴーーール!!⚽️] 両手を上げてガッツポーズ!してももう、怖くない!

歩くことでいつまでも健康でいて欲しいという思いを込めて。「フットウェル」開発秘話

歩くことでいつまでも健康でいて欲しいという思いを込めて。「フットウェル」開発秘話

[ ピンチ ]「推し活」の危機!肩が、肩が上らない…!!どうする?!

[ ピンチ ]「推し活」の危機!肩が、肩が上らない…!!どうする?!

PAGE TOP