【PR】「かっこいい!」首に巻いただけなのに妻の反応が変わった…!【ライジンギアネックレス】

50代・男性の悩み――リモート勤務、PC作業の増加による肩こりや血行不良

コロナ禍以降は、リモート勤務をすることが多くなり、社内のコミュニケーションもビデオ会議やチャットツールを使うことが日常化した。

昭和の高度経済成長期に生まれた50代半ばの自分は、近年の急速なIT化についていけないと感じることも多い。

ビジネスでのやりとりが電話からFAX、そしてメールへと移り変わる中で、なんとかそれぞれのツールに慣れようと努力をしてきた。しかし、社内文書やメールを送る際には「何度も推敲をして誤字脱字のないように」という教育を受けてきた世代の自分は、近頃の若手社員が思ったまま呟く短文のチャットのスピードについていけないのだ。

返事を考えているうちに、5分、10分と無駄な時間が過ぎていく。と同時にいつの間にか、返信が長文になっている。読み返しているうちに「これは最近話題になっている“おじさん構文”というものではないのか」と気になりだして、送信ボタンをクリックすることができない。結局、部下に馬鹿にされるのではないかという不安を拭い去れず、15分もかけて入力した文章をすべて削除する。

(まったく……最近はこんなことばかりやっているから、肩がこるんだ)

若い部下たちは、リモート勤務が増えて楽になったと喜んでいるようだけれど、自分はここ最近、すっかり生産性が落ちている。

(あ、しまった。今日はリモート会議だったか)

パソコンの通知に気づき、急いで髪型と服装を整え、会議のURLをクリックする。

画面の向こうでは同期入社の出世頭が生き生きとした笑顔で語っているところだった。若手の社員たちも彼の話に同意して、うんうんと頷いている。私には、彼のような求心力はない。

「石田さんは、どう思います?」

突然話を振られ、緊張のあまり鼓動が速くなる。

会議室でのアナログな会議より緊張してしまうのだ。

「あ、ええと……そうですね、まあ、いいと思いますよ」

「ごめんなさい。石田さん、マイクが遠いみたいです。ちょっと聞こえなかったんですけど」

「すみません」

どっと冷や汗が噴き出る。マイク付きイヤホンがきちんとジャックにはまっていなかったようだ。念のため、マイクの音量も調整する。

これだからデジタルツールは嫌なのだ。

それにしても画面の向こうの同僚や若い部下たちは、スリムな体型を維持していてうらやましい。自分は、リモートワークが多くなって家から出る機会が減ったせいか、最近はお腹周りの脂肪が気になっているというのに。できる社員たちは、きっとリモート勤務で空いた余暇を、うまく自分磨きに使って運動でもしているのだろう。

自分は、PC作業が増えたせいで肩こりがつらく、勤務時間が終わった後に運動をする元気など残っていない。少しは歩いた方がいいとわかってはいるのだが。

(このまま社内でこれ以上の出世も望めず、定年を迎えるだけなのか)

そうかといって、今さらこの歳でスキルアップのための勉強をする気力も体力もない。

(今の世の中、こんな自分でも仕事があるだけ恵まれていると思わなければダメか……)

気づかれないように、そっと溜息を吐いた。

勤務時間が終わり、「今日も疲れたな」と肩を揉んでいると、「ただいま」と言いながら妻がパートから帰って来た。

「おかえり」

「すぐ夕飯を作るわね」

妻との仲はけして悪くはないと思うが、子どもたちが巣立って以降は会話もめっきりと減ってしまった。

妻だって、こんな冴えないおじさんと一緒にいても面白くはないだろう。そう思うと、どうしても口が重くなってしまうのだ。

最近綺麗になった妻の秘密は? ライジンギアネックレス――150個ものネオジム磁石が“こり”と“血行”を改善

そんなある休日の昼下がりのこと。

歳のせいか平日の疲れがなかなか取れずに、休日はいつも怠惰にベッドの中でゴロゴロと過ごしてしまう。

午後になってようやくテレビでも見ようかとベッドから抜けだしてリビングへと向かう。リビングからは、既に独立して東京で一人暮らしをしている娘の声が聞こえてきた。

妻と娘はソファに座り、アクセサリーを広げて、楽しそうに会話を交わしている。

娘がまだ学生だった頃、妻と娘の間ではよく洋服や化粧品などの貸し借りを行っていたようだ。しかし、娘が社会人になってからはそんなこともなくなっていた。離れて住むようになったということもあるだろうが、さすがに妻も50代の半ばになり、若い娘と洋服やアクセサリーの共有は難しくなったのかと思っていた。

しかし、最近の妻はなんだか変わった。以前と比べると、少しスリムになって、若返ったような気がするのだ。こんな冴えない自分と一緒にいることに嫌気がさして、パート先で気になる人でもできたのではないかと内心少し心配もしている。

しかし、できるだけそんな素振りは見せないように、平静を装ってリビングへと足を踏み入れた。

「おう、お前、来てたのか」

「お父さん、久しぶり。ねえ、最近、お母さん若返ったと思わない?」

娘は邪気のない笑顔を私へ向けると、最近気になっていたことをいきなり話題に出してきたのだ。

表情を取り繕いながら、言われて初めて気づいたかのように振る舞って見せる。

「……ああ、うん、そうだな、まあそう言われてみれば確かにな。最近、元気そうだよな」

しかし、取り繕ったところで実の娘にはすっかりお見通しだったようだ。

「お父さんったら照れちゃって。ちゃんと、お母さんに『綺麗になった』って言ってあげればいいのに」

仕方ないと腹をくくり、軽く咳払いをしながら、視線をそらしてぼそりと呟いた。

「うん、……まあ、最近若返って綺麗になったよ」

「お母さん、顔が真っ赤だよ~」

「もう、あんたってば、親をからかわないの」

「ところで、どうやって痩せたんだ? 食べる量はたいして変わっていないみたいだが……」

かねてから抱えていた疑問を、いい機会だからと口にする。

「実はね、最近、パートや買い物に行くときに車ではなく歩くようにしているの」

「え、だってお前、パート先まで片道30分はかかるだろう?」

「だから、ちょうどいい運動になっているのかもね」

「立ち仕事なのに疲れないのか?」

「実はね、最近つけているこのネックレスなんだけど、ライジンギアネックレスという磁気ネックレスなのよ。これをつけるようになってから、肩こりが楽になって、血行も改善されたみたいなの。それで、疲れが溜まらなくなったみたい。あなたもつけてみない?」

妻は、自分の首元を指し示して見せる。

それは、先ほどから娘と一緒に眺めていたネックレスだった。

「いや、でもこんなおじさんがネックレスだなんておかしいだろう」

それに、ネックレスごときで肩こりが改善されるなんて、すぐに信じることはできなかった。妻と違って、私はパソコンを毎日使っているから、慢性的なこりが蓄積している。こんな頑固な肩こりが、ネックレスをつけたところで改善されるとは思えない。

「まあ、騙されたと思って少しつけてみてよ。今、私がつけているのはホワイトなんだけれどブラックもあるのよ。ネックレス全周にネオジム磁石が150個も入っているから、好きな長さで、ワンタッチでつけられるの。ほら、こんなふうに」

妻は、私と娘の目の前で実演して見せる。

全周に150個ものネオジム磁石が入っているから着脱もワンタッチで簡単

「全長60cmあるから、休日はループタイ風に見せてつけてもいいし、スーツを着るときは、シャツの下に見えないようにつけてもいいし。この磁石は、150MT(ミリテスラ)というとても強い磁石なんだそうよ。日本国内で職人さんがひとつひとつ手作業で連装しているんですって。全体にぐるりと入っているから、位置がズレても大丈夫なのよ。こんなに磁石が入っているのに、重さはたったの15gしかないから、私は一日中つけているの」

「ふうん、そうだったのか」

妻に言われるがまま、ライジンギアネックレスをつけてみる。

確かに、ふつうのネックレスのような留め具がないから、これならアクセサリーをつけなれていない自分でも一人でつけることができそうだ。

「確かに、軽いな」

「お父さん、かっこいいよ。ねえ、お母さんもそう思うよね?」

「うん、いい感じ」

「そ、そうか……?」

二人からほめられると、まんざらでもない。

しばらくライジンギアネックレスをつけてみることにしたのだった。

妻が言うような変化が起きると心から信じていたわけではないが、これで肩こりが改善されれば儲けものだと思ったのだ。

アスリートも使うライジンギアネックレス――肩こり改善で身体も軽く運動が習慣化?

自室に戻ると、妻には黙ってライジンギアネックレスについてインターネットを使って調べてみた。

妻や娘たちは「かっこいい」と褒めてくれたが、磁気ネックレスというとどうしても高齢者がつけるものという先入観が拭えない。磁気ネックレスをつけていることで、若い部下たちとの距離がさらに開いてしまうのではないかという不安があった。

(ライジンギアネックレスを開発した会社は、プロサッカークラブのオフィシャルパートナーなのか。こりや血行を改善する医療機器として認証も受けているし、プロのアスリートたちも使っているものだったんだな。これなら、部下たちから年寄りと思われることもないか)

日本にプロサッカーリーグが発足した頃、生まれたばかりの息子を連れてスタジアムまで足を運び試合を観戦したことを思い出した。地元の少年サッカークラブに入った息子は、高校までは部活動でサッカーを楽しんでいた。プロを目指すレベルではなかったけれど、大学時代もフットサルのサークルに所属し趣味として続けていたようだ。最近はどうしているだろう。

(もし、ライジンギアネックレスをつけ続けてみてよかったら、息子にも教えてやるか)

その後、私は出社する日もリモート勤務の日も、ライジンギアネックレスを毎日つけて過ごすようになった。

ワンタッチで簡単につけられるというのは、男性の自分にとってはとてもありがたい。

そして、つけ続けているうちに変化も感じられた。肩や首のこりが楽になったようで、いつの間にか肩をもむ回数が減っていった。

パソコンに向かう作業の量はこれまでと変わらないはずだが、以前ほど、終業時にぐったりと泥のように疲労を感じることが少なくなった。

今までは、仕事が終わった途端すぐにでもベッドに横になりたいぐらい疲れがたまっていて運動どころではなかった。しかし、この調子であれば軽いウォーキングぐらいなら取り入れられるかもしれない。

そういえば、会社の健診で胴囲が増えていることを指摘され、運動をすすめられていた。

(そうだ、出社した日はひとつ手前の駅で降りて、少し歩く距離を増やしてみるか)

そして、ウォーキングを始めて1カ月。

身体も軽くなり、今までの位置で締めるとベルトが緩く感じられるようになった。試しに穴を1つずらして締めてみると、ちょうどよい。

(これなら、さらに身体が動かせそうだ)

妻を誘って、一緒に近所のスポーツジムに通うことにした。

こうして継続的に運動を続けているうちに、少しずつ走れるようにもなってきた。最近は、早起きして勤務前に軽いランニングもこなしている。

体力に自信を取り戻した私は、久々に友人や息子を誘って趣味でフットサルを楽しむことにした。

「親父、最近どうしたんだよ。前までは休日に実家に遊びに行っても疲れてぐったりしてたっていうのに。久しぶりに一緒にフットサルしたけど、若い頃みたいに身体、キレキレじゃん。正直、見ててかっこいいなって思ったよ。俺より身体動くんじゃない?」

不思議そうに尋ねてくる息子に、首元のライジンギアネックレスを指さして見せる。

「実はこれのおかげなんだ」

「ネックレスのおかげ? どういうことだよ?」

「これは、ただのネックレスじゃないぞ。ライジンギアネックレスという磁気ネックレスなんだ。プロのサッカー選手もつけているそうだ」

「へえ、それデザインもシンプルでかっこよくて、磁気ネックレスって感じじゃないな。アスリートがつけてるっていうのも納得。それなら、俺でもつけられそう」

「よかったら、つけてみるか?」

「うん。実は俺、最近ゲームばっかりしてて、肩こりがひどいんだよね。そのせいか、仕事もプライベートもうまくいかなくて」

「じゃあ……」

バッグから、息子のために買っておいた新品のライジンギアネックレスを手渡す。

「ありがとう、親父。さっそく使ってみるよ」

息子は、満面に笑みを浮かべてすぐにパッケージを開封する。

「これ、留め具がないんだ?」

「ああ、全体に磁石が入っているからどこでも好きなところで装着できるんだ」

「不器用な俺でもつけやすくて嬉しいな。これなら忙しい朝でもつけられそうだ……と、こんな感じかな?」

ライジンギアネックレスはフットサルのユニフォームの上につけても、違和感がない。

「似合うよ」

「そうかな? ありがとう。これ、さっそくポカポカするんだけど俺の気のせい?」

「いや。ライジンギアネックレスは磁石が使われているだけじゃなくて、北海道の上ノ国という場所で採掘されるブラックシリカという鉱石でコーティングされているらしい。この鉱石は遠赤外線を発して、雪を溶かす石なんだそうだ」

「へぇ、雪も溶かすなんてすごいな。明日からの変化が楽しみだよ、ありがとう、親父」

息子が顔をほころばせた。

ライジンギアネックレスのおかげで社内の人間関係も妻との仲も良好に?

一方、ライジンギアネックレスをつけ始めてから、会社内の人間関係にも少しずつ変化が生まれている。

部下たちから仕事について質問されることが増えたのだ。

以前は、出世頭の同僚のところにばかり部下たちが集まっていた。しかし、最近は私のところにも部下たちがやって来る。

(嬉しい変化だな。頼られていると思うと、自然に仕事にもやる気が湧く)

ライジンギアネックレスによるこりの改善と、部下が頼ってくれるという状況の変化によって、仕事へのやる気が復活した。パソコンのキーを叩く指先も軽快だ。

リモート勤務で目の前の仕事に没頭していると、通知音が鳴ってチャットの着信を知らせた。

確認してみると、若い男性の部下からだった。

「質問です。仕事と関係ないことなんで、就業時間が終わってからでかまわないのですが……。最近、スリムになりましたよね? どういうダイエットしているのか教えてください」

(まさか、こんなことを部下から質問されるようになるとはなあ)

思わず口元がにやけてしまう。

ライジンギアネックレスをつけ始めてからの変化に驚きながら、

「了解」

と返信を送った。

これも全部、ライジンギアネックレスのことを教えてくれた妻のおかげだ。

食卓を囲みながら、妻にあらためて礼を言う。

「最近、肩こりが改善されて仕事の調子もいいし、社内での人間関係も良好なんだ。部下たちが私を見る目が変わった気がするよ。ライジンギアネックレスのことを教えてくれて、本当にどうもありがとう。お前が綺麗になったのも、このライジンギアネックレスのおかげだったんだな」

「あなたも最近、若い頃のようにスリムになって素敵になったわよね。会社内の人間関係が良好なのはいいけど浮気だけはしないでね」

「そんなこと、するわけないだろう。俺には、お前がいるんだから」

子どもたちが独立してから、あまり会話のなかった妻との仲も最近は良好だ。

一緒にスポーツジムに通うようになったこともあって、会話も増えた。

「今度、久しぶりに二人だけで旅行にでも行かないか?」

「うん、いいわね」

妻が少しはにかんだように微笑む。

結婚したばかりの頃の甘い雰囲気が二人の間に戻ってきたような気がする。

もう自分にはこれ以上、出世の可能性もないし、パッとしないまま定年を迎えるのかと人生を半ば諦めていた。

妻との間も空気のような関係性が続いていたから、このまま退屈な老後を過ごすのではないかと思っていた。

今後の楽しみといえば、子どもたちが孫の顔を見せてくれるぐらいしかないのではないか――そんなふうに悲観していたのだ。

しかし、最近になって自分の人生は大きく上向きに変わった。妻との関係も仕事も趣味も、まだまだ楽しみはたくさんある。

(人生、まだまだ捨てたもんじゃない。老後も含めていろいろと楽しみになってきたな。父さんや母さんにも、ライジンギアネックレスをすすめてみるか)

微笑み合いながら、妻と共に過ごすこの先の幸せな人生を思い描いた。

※この物語は使用した方の感想を元にしたフィクションです。効果の感じ方には個人差がございます。

ライジンギアネックレス 公式通販サイトはこちら

===========

【医療機器認証】
ライジンギアネックレス
家庭用永久磁石磁気治療器
医療機器認証番号:303AGBZX00002000

内容:磁気ネックレス1本
カラー:ブラック/ホワイト
生産国:日本

===========