【PR】“記憶力の低下”が気になったら記憶力チェックで確認してみよう! 記憶対策にヨーグルトがいいって本当?

最近、記憶力の低下が気になりませんか?

年齢を重ねる中で、「若い頃は気にならなかったことに悩まされるようになった」と日々の生活の中でさまざまなとまどいを感じている方もいらっしゃるかもしれません。年齢の変化とともに、「寝てもだるさが取れない」「疲れやすくなった」「肌のハリがなくなった」など、さまざまな身体の変化にとまどうことも多くなっているのではないでしょうか。

特に、若い頃との違いを感じることが多い年齢による変化のひとつに記憶力の低下があげられます。

たとえば、物の名前がなかなか出て来ない、物をどこにしまったのか思い出せないといった経験が増えていませんか?

こういった記憶力の低下は、年齢相応のもので、40代頃から始まると言われています。

記憶力チェックで確認してみませんか?

このような記憶力の低下は、年を重ねるとともに少しずつ起きる自然な現象で、誰にでも起こり得ます。

「あれ、あの人は何さんだっけ?」と友人の名前が出てこなくなったとしても、何かのヒントがあれば思い出すことができたり、1分ぐらいかければ思い出したりできるのであれば、これはいわゆる“度忘れ”と言われるものです。友人との約束の曜日を勘違いしてしまったとしても、約束したこと自体を覚えているのであれば、それは誰にでもよくある記憶力低下の範疇だと考えられます。

「私の記憶力は大丈夫?」

そう思ったら、記憶力チェックで調べてみてはいかがでしょうか?

https://kioku-taisaku.jp/#check

その記憶力低下、ヨーグルトで対策できるかもしれません

記憶力チェックで、記憶力低下の可能性があるという結果になった方は、生活習慣の改善を心がけてみるとよいかもしれません。

加齢に伴う記憶力を含めた認知機能の低下には、運動不足や食生活の乱れが関係していると言われています。暴飲暴食を避け、バランスの取れた規則正しい食生活を心がけるのはもちろんのこと、認知機能低下を対策するためには、果物、オリーブオイル、魚、ナッツ、ヨーグルト、適量の赤ワインといった食材を摂取する「地中海食」がおすすめです。

ヨーグルトをはじめとする乳製品を摂取することは、認知機能低下の対策になると言われています。

また、ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌が含まれていいますが、その中でもビフィズス菌は健康に役立つ善玉菌の代表格で、おなかの環境を整える働きがあります。ビフィズス菌はヒトの腸内(大腸)に最も多く棲んでいる善玉菌ですが、年齢を重ねるとともに次第に減少し、腸内(大腸)では悪玉菌が増加していきます。腸内環境を良好に保つためには、ビフィズス菌の入ったヨーグルトを日々の食生活の中に取り入れていくとよいでしょう。

さらに、近年は腸内環境と脳の間に密接な関係があると考えられ、さまざまな研究が進んでいます。ビフィズス菌を摂取することは、お腹の調子を良くするだけではなく、脳や記憶にも良い影響を与えるのではないかと考えられているのです。

中でも、森永乳業が発見したビフィズス菌MCC1274(B. breve)は、認知機能の一部である記憶力を維持する作用が報告されたビフィズス菌です。50~79歳の認知機能の低下が疑われる健常な男女が、16週間にわたってビフィズス菌MCC1274(B. breve)を摂取したところ、認知機能(記憶力)を維持する作用が見られたという研究報告※があります。

記憶力の低下が気になる方は、ビフィズス菌MCC1274(B. breve)が入った「メモリービフィズス 記憶対策ヨーグルト」を毎日の食生活に加えてみるのもおすすめです。

※出典:Xiao et al., Journal of Alzheimer’s Disease, 2020

「メモリービフィズス 記憶対策ヨーグルト」