【AD】あなたのエンドカンナビノイドシステムを整える「CBD」

古くから我々の生活に寄り添ってきた”麻”。
その主成分の一つであるCBD(カンナビジオール)をご存じでしょうか?
アメリカを始め世界各国で利用者が増加しており、近年は日本でも大ブームを巻き起こしています。

麻(ヘンプ)とは / CBD(カンナビジオール)について / なぜCBD?

産業用ヘンプとは

現在、日本では『大麻=危険もの』と捉えられがちですが、ヘンプは日本では大麻草または大麻と呼ばれており、かつては日本人に馴染み深い植物でした。

麻(ヘンプ)は3カ月で約3mに生長するアサ科の一年草です。
中央アジア原産の農作物で、人類の有史以来、繊維は衣服や縄や紐に、茎は建材や燃料に、種子は食料やオイルに使われてきました。

栽培地は世界各地にあり、英名ではHemp(ヘンプ)と言います。

繊維原料としての需要に加え、昨今注目されているのは、麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質です。

産業用ヘンプは、陶酔成分であるTHC濃度の低い品種(0.3%以下)です。
日本国内で販売するには、THCを成分検査によって検知不可の量まで除去する必要があります。

産業用ヘンプから抽出されるCBDが健康に役立つ商品として、スポーツ、飲食、美容、医療の業界などで多くの注目を集めています。

CBD(カンナビジオール)について

麻には500種類以上のカンナビノイド類、テルペン類、フラボノイド類、フェノール類など、様々な化合物が含まれています。

その中でも生理活性物質のカンナビノイド類は少なくとも113種類以上存在し、CBDはその中でも特に多くの期待が寄せられ、世界中で日々研究が進められている植物性栄養成分のひとつです。

なぜCBD?

カンナビノイドが世界中で注目されているのは近年、CBDの様々な有用性が発見、報告されているからです。世界各国でCBDの研究と実験が日々行われています。

2018年1月に世界保健機構(WHO)は、CBD成分の有用性を正式に公表しました。
また、アンチドーピング機構(WADA)も禁止薬物指定からCBDを除外することを公表しました。

これにより、今後世界中のアスリートがCBDを利用していくとも言われています。

エンドカンナビノイドシステム(ECS) / アントラージュ効果

エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは身体調節機能のことです。
このシステムは人や動物、鳥など、全ての脊椎動物に備わっていると言われています。

本来、私達を含める全ての脊椎動物は、体の中でカンナビノイドが作られています。
これを内因性カンナビノイドと言います。

カンナビノイド受容体は内因性カンナビノイドと結合し、体内に身体機能の調整をするための指示を出します。

カンナビノイド受容体を鍵穴と仮定すると、カンナビノイドは鍵となります。
以前はカンナビノイド受容体は脳と神経のみに存在すると考えられていましたが、近年の研究により、受容体が皮膚、免疫細胞、骨、脂肪組織、肝臓、膵臓、骨格筋、心臓、血管、腎臓、消化管を含む全身に存在することが明らかになっています。

CBDのみを摂取した場合、ある一定の量までは量を増やせば増やすほど吸収されます。
しかし、限界値に達してしまうと、逆に吸収率が下がるという現象が起こります。
これを単体CBDの釣鐘状用量反応 ( つりがねじょうようりょうはんのう ) と呼びます。

しかし、これを打破する方法があります。
それをアントラージュ効果といいます。

アントラージュ効果とは、CBD以外のカンナビノイド類、テルペン類やフラボノイド類、こうした他の成分を同時に摂取することによって、CBDやその他カンナビノイドの従来の限界を超える量の吸収を可能にすることを言います。

3種類のCBDオイル / 2種類のブロードスペクトラムCBDオイル

フルスペクトラム

THCを含む全てのカンナビノイドが含まれています。
日本では販売を禁止されています。

ブロードスペクトラム

THC以外のカンナビノイドが全て含まれています。
違法な成分が含まれていないため、日本国内での流通が法律により認められています。

CBD Medicaの高フィトカンナビノイドヘンプオイルはブロードスペクトラムCBDオイルを採用しています。

アイソレート(凝縮CBD)

凝縮したCBD単体のことです。
CBD以外のカンナビノイドは含まれていません。


本来のブロードスペクトラムCBDオイルはアイソレート(凝縮CBD)を使っていないものです。
これは高濃度のCBDヘンプオイルをMCTオイルやヘンプシードオイルなどで濃度調整している商品です。

すべてのカンナビノイドが自然なバランスで含まれているため、アントラージュ効果が期待できます。
これが日本国内で購入できるCBDオイルの中でも最も高水準のものだと言えます。

もう一つのブロードスペクトラムCBDオイルはアイソレート(凝縮CBD)を使っている物です。これは低濃度ヘンプオイルにアイソレートを配合した商品です。

CBDと他のカンナビノイドのバランスが人工的に製造されているため、アントラージュ効果は期待できません。

CBD Medicaがお約束する「3つの安心」

製造に使われる種子や製造方法、管理体制によって完成品の質は大きく変わります。
Folium Biosciences社は、独自開発の高フィトカンナビノイドヘンプオイルの製造に適した専用の種子から栽培しています。
更に特許出願中の独自技術による低温工程を採用することで、抽出・製造過程における分子の分解を防いでいます。
収穫から商品化までの全ての工程をFolium Biosciences社で一括管理しています。

商品は日本の法律に基づき、Folium Biosciences社の日本専用、個別製造ラインで製造されています。
全ての商品は一般社団法人日本カンナビジオール協会によって検査が行われ、認証を受けた商品だけを出荷販売しております。

全ての商品には固有番号(バッチナンバー)が付与されております。※1
お客様のお手元の商品のバッチナンバーを元に商品の成分表及び、一般社団法人日本カンナビジオール協会の認定証をご確認できます。※2

※1.ボトル裏に記載 
※2.CBD Medica公式サイト内の「Traceability」ページにてご確認いただけます。

CBD Medicaの商品について / 認証及び許認可




取得している認証、及び許認可




CBD Medicaオフィシャルサイト

Instagram(アカウント:cbd.medica)

おしるこ会員様限定クーポン

【お一人様一回限り】30%OFFクーポン

クーポンコード[ oshiruco

購入時に上記枠内にご入力いただく事で割引が適応されます。